読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイバーシティは面白い

ダイバーシティ&インクルージョンについて色々思ったことを書いたブログ

人生観を変えた配属 後編

私の人生観を変えた配属 後編

 それから、縁あって2007年1月からダイバーシティ専任マネージャーとして人事本部に配属され、会社のダイバーシティ代表として、外部と接する機会が増えた。着任早々、内閣府男女共同参画局から電話があり、その内容は、2月から立ち上げる「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)専門委員会」の専門委員になって欲しいと言う依頼だった。

 本来ならば、人事本部の代表が担当すべきだと思うのだが、当時の人事本部長に相談すると、「ボクは韓国人なので日本語が話せないし、キミが会社のダイバーシティ代表なんだから、キミが行くべきだ」とあっさり言われ、ぼくが会社の代表として専門委員会に参加することとなった。

 不安を抱えながら、永田町にある内閣府の門をくぐり、会議室に入ると、いきなり「〇〇先生、こちらにお座りください!」と官僚に案内された。ぼくは後ろを振り返り「誰の事?」と道を開けたが、どうやらぼくの事を「先生」と呼んでいることが分かり、背中がぞくっとしたことを覚えている。

 会議室に入ると16名の委員が、神妙に席に座っており、後ろには官僚と思しき人々が色々と打ち合わせをしていた。委員には連合や経団連などで要職につかれている人々や、経済評論家の勝間和代さん、ワーク・ライフ・バランスの第一人者である小室淑恵さん、大人の脳ドリルの川島教授など、錚々たるメンバーで構成されており、企業からは我々の他には、大手電機メーカーと東北地方の柔軟な働き方を展開し人材を育成おられる中小企業の3社だけだった。

 第2回の会合で、企業事例の発表で、前述の3社がワーク・ライフ・バランスの取り組みを15分ずつプレゼンをすることになった。その発表の後、帰りのエレベーターで勝間さんと一緒になり、少し話したのだが、その時彼女は「電機メーカーさん(仮にA社とする)は制度が優れているが、あなたの所は企業理念の徹底に力を入れており、制度はそんなにすごくない(ギクッ!)が、制度が取れる環境がありますね。あと管理職の評価にダイバーシティの貢献をいれている。A社は入れていない。ボランティアでは環境は変わりませんよ」と私に感想を話してくれた。ぼくは、「あのたった15分のプレゼンでこれだけ鋭く本質を見抜くとは、頭が切れるな」と唸った事を覚えている。

 このような経験だけじゃなく、その会社はぼくに対して様々な機会を提供してくれた。配属されてたった一ヶ月のぼくに、「キミが会社のダイバーシティ代表なんだから、キミが(内閣府)行くべきだ」という、あっさりとそして徹底した権限委譲が、それを物語っている。そして、そこからぼくはたくさんのことを学び、そこで発信することにより、会社と社会に少しは貢献できたかもしれない。

 会社のプリンシプル(行動原則)のひとつに、「会社と個人の利害は分かち難いものです」というのがあった。私見だが、会社が個人の成長を促す機会を提供し、その機会を得て成長した個人が会社や社会に貢献する仕組みが理想だと思う。人生の多くの時間は仕事をしているわけだから、その仕事の時間が充実していれば、人生も必然的に充実するし、充実した人生を送っている人は、仕事も充実しているはずだと思う。仕事がオンでそれ以外がオフでははく、どちらもオンである人生を送っている人が、真の充実感を得ることが出来るのではないかと思ったりする。

 ワーク・ライフ・バランスとは、時間のバランスをいうのではなく、その充実度合いのバランスをうまく取れている生き方であるべきだとぼくは思う。